Connect with us

任侠映画で見るギャンブル

任侠映画で見るギャンブル

任侠映画で見るギャンブル

任侠映画ってご存知ですか?日本のやくざを中心とした映画で1960年代から1970年代前半にかけて量産された日本映画です。明治から昭和初めを時代背景にしたやくざの義理人情のストーリーそもそも任侠とはどう言う意味でしょうか?任侠とは本来仁義を重んじて困っていたり苦しんでいたりすると是が非でも助けるという自己犠牲的精神をいいその任侠を主体とした男の生き方を任共道と言います。

movie

これを追随する者を任侠の徒とも呼ぶ。日本では江戸時代以降政治が安定して法治国家が進むに連れて任侠の精神は社会の最下層の人達の間で根付いたとされている。しかし諸説、任侠道と武士道は共通しておりやくざは武士道の論理的継承者とも言われているらしい。一方、中国の任侠の歴史は古く中国春秋時代にまで遡ります。情を施されれば命を張って恩義を尽くすという精神を重んじている。
中国の広大な土地と多種多様な言語と民族において法の権威が及ばず地方官僚の暴挙に立ち向かう正義の味方という側面がありました。

この庶民の正義という中国の任侠と相反して法治国家における相互扶助を目的に自己組織したのが現在の日本における暴力団と化してしまいました。法治国家の闇の社会に精通して賭博、闇金、麻薬、売春など本来の庶民を守る任侠精神からかけはなれてしまったと言えるでしょう。

 

任侠映画の賭博

やくざを主人公に日本におけるやくざ、暴力団の対立抗争や任侠道を1960年代から1980年前後までの闇社会を描いているものが多いですが中でも任侠映画でよく目にするのが博打シーンですよね。丁か半かと呼応するシーンの手本引きは日本の賭博ゲームです。起源は意外と新しく明治時代に入ってから京都の上坂仙吉をはじ侠客たちによって江戸時代から遊ばれていたちょぼいちや、お花こまを進化させ考案されたものといわれています。西日本を中心に温泉街へと伝播されていきました。明治13年に近代刑法が公布されて明治16年に上坂仙吉は明治政府による賭博狩りで捕まえられて禁固10か月の刑に服しました。明治17年には明治政府は刑法の賭博罪の規定を停止して新しく賭博犯処分規則を設けて賭博の取り締まり強化がされましたが大日本帝国憲法との不適合により廃止されたそうです。明治18年には西洋かるたやトランプの輸入に伴い翌年には花札やめくりかるたの製造販売が解禁となりました。この頃からやくざの間でも手本引き花札が全国的に流行し始め出したので過去の歴史から見るとやくざがギャンブルの発祥起点なんですよね。

eiga

 

海外での認知度

日本のやくざ映画は海外でも注目されてその影響をうけて制作された ハリウッド映画ではザ・ヤクザやブラックレインなどのヒット作品も有名です。ロバートミッチャムや高倉健という大スターが出ている洋画です。その他、フランス、イタリア、香港、台湾、韓国なども日本のやくざ映画を意識した映画が多数制作されていますよね。

近年、日本ではVシネマや金融ヤクザ映画も人気で任侠映画時代とは一味違う作品となっており少数派ではありますが全世界にやくざ映画のファンはいますよね。必ずと言っていいほど国内、海外問わずギャンブルシーンが出てくるのが笑えますが・・・ギャンブルは東洋問わず万国共通といえるでしょう。どうでしたか?面白かったですか?映画もいいですが、オンラインカジノはもっと面白いですよ!ぜひ当社がお勧めするベラジョンを試してみてください!

Continue Reading
You may also like...

More in オンラインカジノ

最も人気のある

ecopayz

オンラインカジノニュース

エコペイズ・エコカード発行停止状況

ニュースレター

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp
To Top